イボの施術は専門医院で受けるべし【放置すると悪化してしまう】

  1. ホーム
  2. 滑らかな肌にする為に

滑らかな肌にする為に

ドクター

治療に関する基礎知識

ほくろに似ているようでほくろよりも嫌な存在、それがいぼです。口元や目元のほくろはセクシーですが、同じ場所に出来るいぼは邪魔な存在に感じてしまいます。厄介な理由のもう一つは「遺伝」が関係している点です。顔や首、脇の下に出来やすい肌色や茶褐色のいぼは良性腫瘍で、これが出来やすいか否かは遺伝すると言われています。つまりは防ぎようがないのです。出来てしまったものは通常の皮膚科のほか、美容皮膚科や美容外科などで切除する事が可能です。例えば、液体窒素を使ってわざと火傷状態にして取る方法、それと併せて内服薬を処方される場合は健康保険も適用になるため1回あたり千円程度の安価な治療費で収まります。それでは取りきれない場合には美容クリニックで受けるレーザー治療が有効です。レーザーは痛みも少なく、施術後に大きく腫れたりする事がない安心感があります。また、いぼにはウイルス性のものもあります。自分で切除しようとしたり、気にして触りすぎてしまうと悪化したり他の場所にも増えてしまったりする事があるため、なるべく触れないようにした上で医師の診断を受けましょう。
いぼは命に関わるような病気ではありません。しかし、1つ見つけていたはずが気づいたら増えてしまっていた、服で隠れない場所に出来てしまった等、常に気になる存在にはなってしまいます。加齢によるものだから仕方ないと諦めたり、切除するにはかなりの痛みを伴うのではないかと不安なったりする事もあるでしょうが、昨今の美容クリニックの最新機器や技術であればそのような悩みは解決します。老人性のものであっても切除すれば綺麗で滑らかな肌が手に入ります。電気メスを使った施術には麻酔を使いますし、炭酸ガスレーザーを使った施術では大きな痛みを感じることはありません。切除するいぼの大きさや場所によって数ある治療方法から最適なものが選ばれますが、美容クリニックであっても高額な治療にならないという点にも魅力があります。炭酸ガスレーザーの場合、1箇所あたり5千円?1万円程が相場となっています。美容クリニックで受ける、健康保険が適用されない自費診療の治療はクリニックによって費用に差があるため、予めホームページ等で確認しておくと安心です。