イボの施術は専門医院で受けるべし【放置すると悪化してしまう】

  1. ホーム
  2. 綺麗に治すには美容皮膚科

綺麗に治すには美容皮膚科

看護師

治療法の種類とメリット

いぼはウイルスの感染が原因で発症するものがあります。他人に感染する可能性もあるため、気づいたら早めに病院を受診するようにしましょう。いぼの切除は一般皮膚科や美容皮膚科、美容外科などで治療を行うことができます。美容と名前が付く診療科は、美容面の診察に重きを置いており、きれいになることを目的とした治療が行われています。いぼの切除も傷跡が残らないことを第一に考え、炭酸ガスレーザーでの治療が行われています。レーザー治療は自由診療となるため、費用がかかるのが難点ですが、お金はかかってもいいからきれいに治したいという方は美容皮膚科を利用すると良いでしょう。一般皮膚科では保険診療の液体窒素による治療や医療用のハサミでの切除治療などが行われています。少ない費用で治療できるため、お金をかけたくない方は一般皮膚科を訪れてみると良いでしょう。病院を選ぶ際は保険診療を行っているか、治療方法が選べるかをポイントに探してみるのがおすすめです。また、希望通りの肌に治してもらうためには、カウンセリングや治療内容の説明をしっかり行ってくれる病院を選ぶことが大切です。
いぼの切除治療はいぼの数や範囲によって費用は変わっていきます。治療法によっては保険が適用できないものもあり、美容皮膚科ではほとんどの治療が保険適用外となっています。美容皮膚科で行われる炭酸ガスレーザー治療は自由診療であるため、クリニックによって金額に差があります。ひとつ3000〜10000円ほどですが、大きさによっては高額になることもあります。炭酸ガスレーザー治療は出血や痛みもなく、治療の跡もきれいになるので、顔や首にできたいぼ治療にも安心して使用できます。高額な費用がデメリットのレーザー治療ですが、再発した場合は費用が半額になるクリニックもあります。保険が適用される治療は液体窒素治療やハサミやメスで切除する方法などがあります。液体窒素治療の費用は1回1000円程度と安く、どこの皮膚科でも行われている治療法なので、手軽にいぼを切除することができます。液体窒素治療は低温やけどを起こしていぼを破壊するという方法なので治療は強い痛みを伴います。また、傷跡が残りやすく、色素沈着を起こす可能性もある治療法です。液体窒素治療は一回の施術では完全に取りきれないので、定期的な通院が必要となります。